今さらブログを始めてみようと思った経緯など

タイトル通り、今になってブログ運営を始めてみようと思った経緯などを書いていく。

編集

A Journal編集です。YouTubeもやっているので見て欲しい。Twitterはこちら。

消費 >>> 生産に対する焦りのようなもの

俺はもうアラサーというか、30歳を超えているんだけど、20代の頃に仕事以外で何かを表現するようなことがほぼなかった。音楽や絵という類のものは、やっていたわけではないので当たり前なんだけど、文章や、何か他のコンテンツでも同じ。ツイッターにダラダラ書き込んではいるんだけど、それってアウトプットではないよね。基本的に受動で生きていて、コンテンツを浴びているだけ。音楽を聞いて、アニメや映画やドラマを見て、漫画や本を読んで、それだけ、という感じ。メモに残しているわけでもない。それが悪いわけではないんだけど、モヤモヤしている部分があった。生きているだけで、何も生み出していないよなーと。もちろんサラリーマンなので仕事はやっているんだけど、自分は仕事=やりたいこと、というわけでは必ずしもなく、割り切って捉えているので。「自分を表現すること」、つまり、何かを生み出して残したい、とぼんやり思っていた。

アウトプットできるものがないと思っていた

絵もかけないし、音楽も作れない。専門の知識やエンターテイメント性、人を惹きつけるような文章も書けないので、別に何とも思っていなかったんだけど、だんだん上で書いたモヤモヤ感を強くなっていった。じゃあ、何でも良いから、なんかやるかと思ってYouTubeでチャンネル作って、iPadで編集した料理動画なんかをいくつか載せてみた。恥ずかしいので本当に仲良い友達にだけやってるよって言ったんだけど、こんな低クオリティ動画を見る人はいないので、再生回数は10回とかその辺。でも、何とか見てもらえるような動画を作れるまで50本は試してみようと思って3ヶ月で20本くらい、色んな動画を作ってアップした。そしたら、(クソしょぼいから書くことじゃないけど)総再生時間が200時間、チャンネル登録者数は30人になった。全然知らんのに見てくれる人がいるのかという喜びと驚きがある。ありがとうございます。この少しの前進がモチベーションになる。ただ、濃淡はあって、たくさん見てもらえら動画とそうじゃないものがあった。最初の方に作った料理動画とかね。

経験したことが、誰かのためになるわけではない

俺ができること、つまり動画の題材にしたものが、必ずしも誰かの役に立つわけではないんだよね。当たり前だけど。だから、やれることのうち、響く人が多いカテゴリを見つけていくことが大切なんだと思う。できないことや、やりたくないことは続かないだろうし。だからといって全く誰からも反応がないとかなり寂しい。

好きなバンドの一つがKing Gnuなんだけど、情熱大陸に出たときに常田くんが良いことを言っていたことで覚えているのが、売れると自分との共通項を探す。そういうことですよね。俺はその売れる、が分からないから、これから探していければ。

余談。King Gnuは去年のアラバキで初めて見て、それ以降よく聞く。全部好きなんだが、「白日」ほんま好き。ラッキーなことに、去年、日比谷野音でのライブにも行けたんだけど最高だった。

目標的なもの

YouTubeも、もちろん続けていこうと思っているんだけど、何かを「書く」ということもやってみたかったので、この度わざわざレンタルサーバーを借りてウェブサイトを作ってみた。WordPressがひさしぶりすぎて最初の設定にめちゃくちゃ時間がかかったけど、作っていると楽しい。

せっかく始めるなら、やる気を出すためにも目標のようなものを設定した。以下の通り。

  • 1年以内に、36記事(平均、3記事/月)を更新する
  • 1年以内に、広告等の収入で5万円を得る

実現可能性がどれくらいかわからないんだけど、レンタルサーバー代プラスアルファくらいは稼げると良いなと思って設定した。稼げる額がそのまま記事の評価や誰かに届いているかの指標になると思うので、ある程度意識してやりたいと思っている。同時に会社以外での収入源を探っているところなので、その検証にもなるはずと信じている。

経緯としては以上。興味ある人がいれば他の記事も見ていって欲しい。読んでくれてありがとう。何でも良いから始めたい人は日記を書いてみよう。Notionで日記を書くと良いよという動画見てみて。